個人情報の扱いには十分注意しよう

日常の情報端末として存在感を増しているのが、携帯電話です。
携帯電話はもはや電話をかけるだけでなく、情報管理の端末としての役割を持つようになりました。
その結果、携帯電話にはプライベートな個人情報が多く記録されています。
その情報は、外にはできるだけ漏らしてはいけないものです。
携帯ショップでアルバイトとして働く場合には、携帯電話が顧客のプライバシーに関わるという事を把握し、自覚が必要です。
携帯ショップの仕事では、顧客から携帯電話を預かるような事がよくあります。
その際には、できるだけ顧客のプライバシーを守るよう、十分に心がけなければなりません。
携帯電話に記録されている顧客の内部データを、流出させるといった事は避けるべきであり、携帯電話の扱いには十分に気をつけておくべきです。
また、扱いを誤ってデータを喪失させないために、扱いには十分な配慮が求められます。
携帯のショップスタッフとして適切な対応ができるようになるために、携帯ショップでアルバイトを始めるにあたっての研修を受けることが、職場によってはあります。
研修では、いかに情報が有益であり、また扱いを誤れば大きな損失を生み出すことになるかについて、指導が受けられます。
携帯電話を扱う仕事である以上は、何らかの形で情報管理とは常に関わることになります。
アルバイトの立場ではあっても、その仕事について油断せず、慎重に作業を行うことにより起こりうるトラブルは避けることができます。
普通の仕事よりも圧倒的に時給が高いのは、こうした個人情報を管理する責任を負っているからだ、という認識を持つと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です